【2022年最新】PMP対策の独学/スクール/通信講座を徹底比較!

PMP対策「独学」「スクール」「通信講座」比べてわかったおすすめコース!

PMP対策、独学で挫折しました…

スクールは高い!他に良い方法はありませんか?

独学/スクール/通信講座を特徴・費用で比較して、おすすめコースをご紹介します!

「PMBOK+対策テキスト」の独学に途中で挫折したというご相談をTwitterのDMでいただくことがあります。独学/スクール/通信講座(Udemy等)、どれがおすすめかは人によって異なります。

結論!

独学がおすすめの人
  • 自分で学習の管理ができる
  • 挫折しても継続できる強い意思がある
  • とにかく費用を安く抑えたい
スクールがおすすめの人
  • 費用がかかってもいいから、とにかく短期で合格したい
  • 質問や受験申込のサポートなど支援を必要とする方
Udemy(通信教育)がおすすめの人
  • スキマ時間で地道に学習したい
  • スクールほどお金はかけられないけど、誰かに教えてほしい
この記事でわかること
  • PMP対策に必要な費用を独学/スクール/Udemyで比較
  • 独学のおすすめ対策方法
  • UdemyのおすすめPMP対策コース
  • Udemyとあわせて使いたいPMP対策テキスト
ブログ管理者のプロフィール
  • 文系大卒業後、国内大手SIerに就職
  • PMP&プロジェクトマネージャ(PM)ホルダー
  • MBAでマネジメントやHR領域を学ぶ
  • 35歳をすぎてから大学の情報システム部門へ転職
  • システム戦略・企画、プロジェクトマネジメント担当
目次

PMP対策に必要な時間

PMP対策に必要な時間は50時間〜200時間が目安になります。PMBOKの基礎的な知識があったわたしは50時間の対策で実際に合格しました。一方、イチから勉強すると200時間程度かかるのではないかと思われます。

具体的な対策方法については、別記事『【2021年新試験対応】PMP試験とは?受験資格や難易度、テキスト・参考書・問題集を紹介!50時間で一発合格した勉強方法を解説!』で紹介していますので、こちらをぜひご覧ください。

独学/スクール/通信教育(Udemy)の費用・特徴を比較

PMP対策の方法は大きく分けると3つあります。

PMP対策の3つの方法
  1. スクール(スクールに入ってテキストをもらい、スクールで学ぶ)
  2. 通信教育(Udemy動画で学ぶ)
  3. 独学(PMBOKや対策テキストを買って、自分で学ぶ)

気になるのは費用ですよね。そこで有名なスクール、Udemy、独学の費用、特徴を比べてみました。

スクロールできます
スクール①
(通信あり)
スクール②
(集中講座)
Udemy①
日本語
Udemy②
英語
独学
費用(税込)93,500円275,000円6,000円24,000円0円
時間やコマ数35時間35時間8時間20時間自己管理
受験資格取得(PDU)35PDU35PDU×35PDU×
繰り返し受講××
メール質問×××
受験申込サポート×××
※ xTECH.tv調べ。スクールの中にはPMBOKガイド日本語版の費用が含まれているケースがあります。独学・UdemyでPMBOKを購入する場合は自費

比較結果をまとめます。あなたにマッチするコースはどれでしたか?

スクールをおすすめする方
  • 費用がかかってもいい(あるいは会社負担制度がある)方
  • 短期間で合格したい方
  • 質問や受験申込のサポートなど支援を必要とする方
Udemy(通信教育)をおすすめする方
  • 独学できる自信はないけど、スキマ時間で地道に学習したい方
  • スクールほどお金はかけられないけど、誰かに教えてほしい方
  • PMBOKの内容や受験申込方法を自分で調べられる人
独学をおすすめする方
  • 自分で学習管理できる人(挫折しても継続できる強い意思も必要)
  • とにかく費用を安く抑えたい人
  • PMBOKの内容や対策方法を対策テキストで独力で調べられる人
  • 受験申込方法を自分で調べられる人(Webに情報多数あり)

Udemy(通信教育)のおすすめPMP対策コース

独学に挫折したことがある方で、費用を抑えつつ地道に対策したい方におすすめなのがUdemyです。

Udemyはスマホ/タブレット/PCで好きな時間に受講できるアプリ・Webサービスです。PMP対策コースは、6,000円〜24,000円(セール期間なら1,610円のときも!)で8〜20時間のコースが用意されています。

テキストを読むだけではなく、映像と耳で勉強するのでスクールに通っている感覚で受講できますよね。その中でもPMPに合格したわたしが実際に視聴しておすすめできるコースを2つに絞ってご紹介します。

「PMP®認定試験」で一発合格を目指す!効率的な試験対策のための戦略コース(2021)

2021年1月のPMP試験改定に対応したコース『「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応』は日本語で受講できるプロジェクトマネジメントの講座の中で、PMP対策としてもっともおすすめできるUdemyコースです。

動画の章立てはPMBOKガイド第6版のプロセス・知識エリアに分けられており、そこに試験改定によって必要となったアジャイル・アプローチに関するセクションが追加されています。この追加セクションだけで70分以上あり、アジャイル・アプローチについて丁寧に解説されています。

全体を通じて、ポイントを押さえた図解例題を使ったわかりやすい解説で初学者におすすめできる内容です。利用者からの評価も高い(5段階中4.3評価)うえ、Udemyは一部のセクションのプレビュー&30日間の返金保証があるため、安心して購入できます。

おすすめポイント!
  • ポイントが図解され、易しい表現で解説!
  • 2021年1月PMP試験改定の影響についても解説!
  • 改定後に必要となったアジャイルアプローチについても解説!
  • 1つの動画が5〜10分で、スキマ時間に学びやすい!
  • ★★★★☆ 4.3(5段階評価)と非常に高い評価!
「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応

\ 無料で見てみる&30日間返金保証あり! /

PMP Exam Prep Project Management Professional Certification(英語音声・字幕あり)

英語の音声・字幕ですが、PMP(2021年新試験に対応)の試験範囲を網羅した内容で、さらに受験に必要なPDUも取得可能なコースです。それがUdemyのPMP資格取得対策講座『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』です。

Udemyの中では高めの24,000円のコースですが、すべて受講すると、受験資格の35PDUが取得可能です。35PDU取得にはスクールだと10〜30万円が相場ですので、自腹でPDUを取得する人には非常におすすめです。コースを修了すると、修了証明書をダウンロードすることが可能になります。ダウンロードの手順は『ブラウザーで修了証明書をダウンロードする方法』をご参照ください。

世界中で60,000名以上が受講(2022年2月時点)、11,000名以上がコース評価をして4.5評価(5段階中)であり、PMP対策コースの中でベストバイ・ベスト評価だと言えます。

おすすめポイント!
  • 60,000名以上が受講し、★★★★★ 4.5(5段階評価)の超高評価!
  • 2021年1月の試験改定に対応
  • 1つの動画が3〜4分で、スキマ時間に学びやすい!
  • 計360本、20時間を超えるボリュームでPMP試験範囲を広くカバー
ネガティブポイント
  • 全編解説は英語!でも、非常に聞き取りやすい発音。サンプルで確認できます
  • 字幕もテキストも英語。でも、IT用語なので理解しやすい(私の英語は高卒レベルですが理解できました)
  • スライドは文字が多いので、図解があるともっとわかりやすかった(PMBOKガイドで補完できます)
PMP Exam Prep Project Management Professional Certification

英語音声はちょっと心配だな…

英語が心配な方向けに深堀りして解説します

なお、PCならMicrosoft Edegの翻訳機能でリアルタイムに英語字幕を日本語字幕で視聴できます。直訳っぽい表現ですが、英語が苦手な方には非常におすすめです!

英語が心配な方でも大丈夫!

UdemyのPMP資格取得対策講座『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』は全編英語です。でも過度の心配は不要です(わたしも英語が苦手です)。つぎの理由で安心して購入できます。

かんたんな英語で説明されている
聞き取りやすい発音である(サンプルで確認できる)
英語字幕ありのため、実質はリーディングのみでOK
・英語字幕を日本語翻訳する機能がある(PCブラウザのみ)
すでに知っているカタカナIT用語が多数ある
・Udemyは30日間の返金保証がある

例えば、プロジェクトドキュメントに関するパート(ビデオNo.57)は次のような解説でした。普段からカタカナで使っていたり、容易に想像できる単語をオレンジ色にしています。()内はわたしの和訳です。動画内に表示されるのは英語字幕です。

Project Documents
In this video we are going to learn about what our project documents.
(このビデオではプロジェクト文書について学びましょう)

Project documents refer to the documents that are other than the project management plan and the baselines.
(プロジェクト文書とは、プロジェクト計画書およびベースライン以外の文書を指します)

As you may remenber the project management plan also contains all of the individual management plans.
プロジェクト計画書には個々の管理計画が含まれる点を覚えておいてください)

So therefore project documents contain project related documents that are not included in the project manegement plan.
(したがって、プロジェクト文書にはプロジェクト計画書に入らないプロジェクトに関わる文書が含まれます)

Examples of project documents include the project charter, the stakeholder register, the procurement statement, the risk register, the change long, the issue log, requirements documentation and activity list.
(プロジェクト文書の例には、プロジェクト憲章、ステークホルダー台帳、調達文書、リスク台帳変更ログ課題ログ、要求事項文書、アクティビティリスト が挙げられます)

なお、PCならMicrosoft Edegの翻訳機能でリアルタイムに英語字幕を日本語字幕で視聴できます。直訳っぽい表現ですが、英語が苦手な方には非常におすすめです!

\ 無料で見てみる&30日間返金保証あり! /

Udemyとあわせて使うおすすめテキスト

UdemyでもPMP対策テキストを持っておくことをおすすめします。わたしが合格したときに使ったテキストをはじめ、実際に内容を確認しておすすめできるテキストを『【2021年新試験対応】PMP一発合格ホルダーのおすすめテキスト・参考書・問題集3+1選!』で紹介しています。

独学のおすすめ対策方法

独学でPMPに合格するために必要なものはつぎのとおりです。

独学でPMP対策するときに必要なもの
  1. PMBOKガイド
  2. PMP対策テキスト
  3. 学習計画
  4. 情報収集(2021年1月以降の試験制度変更、受験申し込み方法等)

「1.PMBOKガイド」+「2.PMP対策テキスト」

PMPはPMBOKから出題されますが、PMBOKだけで合格するのはかなりハードルが高いと言えます。それは出題の形式・テクニック、頻出問題がわからないためです。

わたしが合格時に利用したテキストや合格後に実際の内容を確認しておすすめできるテキストを『【2021年新試験対応】PMP一発合格ホルダーのおすすめテキスト・参考書・問題集3+1選!』で紹介しています。この記事を通じて多くの方が購入され、合格のDMを多数いただいていますので安心してください。

「3.学習計画」

初めてPMPにチャレンジされる方向けに、わたしが合格したときの情報や対策方法を「【2021年新試験対応】PMP試験とは?受験資格や難易度、テキスト・参考書・問題集を紹介!50時間で一発合格した勉強方法を解説!」にまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

「4.情報収集(2021年1月以降の試験制度変更、受験申し込み方法等)」

独学の場合、試験内容の改定や申込み方法について自分で情報収集する必要があります。

気軽に相談できる人が周囲にいれば良いのですが、身近にそういう人がいない場合はTwitterなどでも活発に情報発信されているので情報収集におすすめです。

まとめ

この記事ではPMP対策を独学/スクール/通信教育(Udemy)で比較しておすすめ教材を紹介しました。独学/スクール/Udemyは人によっておすすめが違いますので、あなたがどれに当てはまるか確認してください。

スクールがおすすめ
  • 費用がかかってもいいから、とにかく短期で合格したい
  • 質問や受験申込のサポートなど支援を必要とする方
Udemy(通信教育)がおすすめ
  • スキマ時間で地道に学習したい
  • スクールほどお金はかけられないけど、誰かに教えてほしい方
独学をおすすめする方
  • 自分で学習管理できる人(挫折しても継続できる強い意思も必要)
  • とにかく費用を安く抑えたい人

Udemyは日本語で丁寧に図解された『「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応』と、英語(字幕あり)の『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』の2つのコースをご紹介しました。どちらもUdemyユーザーから高く評価されており、30日間の返金保証もあるため安心して購入いただけます。

独学では必要なテキストと学習方法について整理しながら、過去の関連記事を中心にご紹介しました。

PMPは市場価値が高く実用的な資格ですので、独学で合格できなかった経験を持っている方もぜひがんばってください!

PMP対策「独学」「スクール」「通信講座」比べてわかったおすすめコース!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる