【2022年最新】UdemyのPMP対策コースのおすすめを徹底比較!

聴くPMP対策!Udemyのおすすめコースを比較!

忙しくてPMP対策が全然進まない…

PMPを受験する方は忙しいプロジェクトマネージャであることが多く、なかなか思うように試験対策が進まないという悩みをお持ちの方が多いようです。

そこでこの記事ではながら時間/スキマ時間を活用する学習方法として、UdemyのPMP対策コースを2つご紹介します。どちらもPMP合格後にわたしが購入して動画を確認していますので、安心して購入いただける内容です。

なお、Udemyではなく独学やスクールを検討されている方は『PMP対策「独学」「スクール」「通信講座」比べてわかったおすすめコース!』で学習方法を比べてから、本記事をご覧ください。ではUdemyのPMP対策コースの中身を見ていきましょう!

ブログ管理者のプロフィール
  • 文系大卒業後、国内大手SIerに就職
  • PMP&プロジェクトマネージャ(PM)ホルダー
  • MBAでマネジメントやHR領域を学ぶ
  • 35歳をすぎてから大学の情報システム部門へ転職
  • システム戦略・企画、プロジェクトマネジメント担当
目次

PMP対策のポイント

PMP対策で重要なポイントは「現実的な学習計画を立てること」と「学習計画の進捗管理とリカバリー」です。

でもPMPを受験する方は忙しいプロジェクトマネージャであることが多く、なかなか計画どおりにはいきません。そこで移動時間やランチタイムなどのながら時間/スキマ時間を有効活用した学習が効果的なのです。

学習計画のリカバリーのポイント
  • 短いスキマ時間を活用する
  • 移動時間などの避けられないムダな時間を勉強時間に変える

ながら時間/スキマ時間を活用しようにも、PMPのテキストやPMBOKはどれも大きなものばかりです。小さめのテキストで学習する手もありますが、それならスマホだけで完結する学習の方が手軽で習慣にできそうですよね!

普段、YoutubeやNetflixを観ている時間をPMP対策に変えることができたら、遅れた学習計画のリカバリーもはかどりますよね!

UdemyでおすすめのPMP対策

ながら時間/スキマ時間で勉強するならUdemyが最適です。

UdemyはスマホアプリやPCのブラウザで視聴可能な学習アプリ/サービスです。大手企業の社員教育にもUdemyが活用されており、大手企業も認める優れた学習コースが多数用意されています。

Udemyのコースは買い切り型で一度購入すると、何度でも繰り返し視聴することができます。さらに、PMP受験に必要なPDUを取得できるなコースもあります。さらにさらに、Udemyは一部の動画のプレビュー&30日間の返金保証があるため、動画を確認したうえで安心して購入できます。

2022年2月現在、PMP対策コースは日本語で2コース(うち1つは問題演習コース)、英語で10コース以上用意されています。

PMP合格後、複数のUdemyコースを購入・比較しました。
おすすめはつぎの2つのコースです

Udemyで著名な2つのPMP対策コースを比較(2022年2月時点)

「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応』はわたしが調べたかぎりでは日本語でPMP対策を解説した唯一のUdemyコース(2022年2月時点)です。128本の動画で合計8時間に渡って、PMP対策のポイントや各管理領域のポイントに絞ってを300枚以上のスライドでわかりやすく図解しています。


一方、PMPは国際的な資格なので英語で解説したコースは多数あります。その中でも『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』は高い評価を得ており、「英語が苦手な日本人でも利用可能なコース」と言えます。その理由については詳細パートで解説します。

それぞれの特徴とどういった人におすすめなのか詳細に解説します

おすすめ① 「PMP®認定試験」で一発合格を目指す!
効率的な試験対策のための戦略コース (2021)

メリット
  • 日本語で解説されている
  • 図解で理解しやすい
  • 動画は平均4分程度でスキマ時間が活用できる
  • 短い時間(8時間)でポイントだけ学習できる
デメリット
  • ポイントを絞った動画であるため、動画以外にしっかりとPMBOKやテキストで学習が必要
  • PDUを取得できるコースではない

「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応』は日本語で、かつ図解が多く(動画内のスライドは約300枚)、動画時間も平均4分と短いため、集中して勉強するのではなくながら勉強したい方に強くおすすめしたいコースです。

もちろん2021年1月からの新試験に対応しており、アジャイル開発アプローチに特化して約60分の解説動画が含まれています。

一方、動画の合計時間は8時間程度で、PMBOKを詳細まで解説できる長さではありません。そのためPMP合格にはPMBOKやPMP対策テキストが必要になります。PMBOKは700ページを超える長いテキストのため、その概要を効率よく把握するための位置づけです。

PMP合格のためのテキスト選びで迷っている方は、この記事の最後に推薦書を掲載しますのでぜひ参考にしてください。

\ 無料で見てみる&30日間返金保証あり! /

おすすめ② PMP Exam Prep Project Management Professional Certification

PMP Exam Prep Project Management Professional Certification

PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』の特徴は以下のとおりです。

メリット
  • 約20時間の動画で詳細まで解説
  • 問題集も充実
  • 世界中で10,000名以上が評価したうえで最高クラスの評価(5段階評価で4.6)
  • 英語解説だがネイティブではないため、理解しやすい平易な表現
デメリット
  • 英語で解説されており、どうしても英語はNGという人には向かない(英語の字幕表示可能)
  • 図解が少なく、箇条書きが多い

PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』は英語で解説されたUdemyのPMP対策コースの中でも最高クラスの高評価を受けているコースです。もちろん2021年1月からの新試験に対応しています。

他にも高い評価を受けた英語のPMP対策コースはありますが、それらは完全にネイティブな英語発音のため、典型的な日本人には逆に聞き取りにくく、非ネイティブは知らない表現が多く感じます。一方、『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』はおそらくネイティブではない講師のため平易な表現で理解しやすいのが特徴です。おそらく日本人と思われる方のレビューでも英語のわかりやすさがコメントされています。

英語の字幕も表示できますし、英語が苦手な方でも理解しやすい構成と言えます。

もう少し図解が多いとさらにわかりやすいのですが、字幕+スライドでわたしは十分に理解しました。

\ 無料で見てみる&30日間返金保証あり! /

英語が心配な方でも大丈夫!

UdemyのPMP資格取得対策講座『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』は全編英語です。でも過度の心配は不要です(わたしも英語が苦手です)。つぎの理由で安心して購入できます。

かんたんな英語で説明されている
聞き取りやすい発音である(サンプルで確認できる)
英語字幕ありのため、実質はリーディングのみでOK
すでに知っているカタカナIT用語が多数ある
・Udemyは30日間の返金保証がある

例えば、プロジェクトドキュメントに関するパート(ビデオNo.57)は次のような解説でした。普段からカタカナで使っていたり、容易に想像できる単語をオレンジ色にしています。()内はわたしの和訳です。動画内に表示されるのは英語字幕です。

Project Documents
In this video we are going to learn about what our project documents.
(このビデオではプロジェクト文書について学びましょう)

Project documents refer to the documents that are other than the project management plan and the baselines.
(プロジェクト文書とは、プロジェクト計画書およびベースライン以外の文書を指します)

As you may remenber the project management plan also contains all of the individual management plans.
プロジェクト計画書には個々の管理計画が含まれる点を覚えておいてください)

So therefore project documents contain project related documents that are not included in the project manegement plan.
(したがって、プロジェクト文書にはプロジェクト計画書に入らないプロジェクトに関わる文書が含まれます)

Examples of project documents include the project charter, the stakeholder register, the procurement statement, the risk register, the change long, the issue log, requirements documentation and activity list.
(プロジェクト文書の例には、プロジェクト憲章、ステークホルダー台帳、調達文書、リスク台帳変更ログ課題ログ、要求事項文書、アクティビティリスト が挙げられます)

\ 無料で見てみる&30日間返金保証あり! /

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事ではPMP合格を目指す方が移動中やランチタイムなどのながら時間/スキマ時間に学習するための動画コンテンツについて解説しました。

日本語で要点を効率よく学習されたい方、図解でスッとあたまに入る解説を求める方には『「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2021) アジャイル対応』をおすすめです。

一方、英語でも平易な表現+字幕なら問題ない方、学習時間でPDU取得まで済ませたい方には『PMP Exam Prep Project Management Professional Certification』をおすすめしました。

どちらの動画も実際に購入して受講しましたが、PMPに合格した視点から安心して受講できる内容だとおすすめできます。

Udemyで著名な2つのPMP対策コースを比較(2022年2月時点)

UdemyのPMP対策動画は手軽にながら時間/スキマ時間で学習できる便利なツールですが、PMBOKは700ページを超える長いテキストのため、動画だけで合格するのは難しいでしょう。PMP合格のためのテキスト選びで迷っている方は、過去の記事『【2021年新試験対応】PMP一発合格ホルダーのおすすめテキスト・参考書・問題集3+1選!』をぜひ参考にしてください。

聴くPMP対策!Udemyのおすすめコースを比較!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる