【2020年最新版】オーディオブックを比較!あなたにピッタリの「ながら情報インプット」は、これ!

 自動車通勤が多い米国では、ずいぶんと前から定着している聴く読書『オーディオブック』ですが、日本でも5年ほど前から徐々に見聞きする機会が増えてきました。

 今回は日本で使えるオーディオブックサービスの中から『Audible』と『audiobook.jp』を比較して、あなたが求める「スキマ時間を無駄にしたくない」というニーズを解決したいと思います。

この記事をおすすめする人
  • 運転中やランニング中のスキマ時間を無駄にしたくない人
  • スキマ時間に情報をインプットしたい人
目次

オーディオブックとは

 オーディオブックとは、既存の書籍を朗読してくれる「耳で聴く書籍」のことで、ボイスブックやリーディングブックと呼ばれる場合もあります。10年ほど前までは主にCDで販売されていましたが、現在はスマホアプリが主流です。

オーディオブックのメリットは?

メリット1:ながら読書ができる(目と手がふさがっていても耳だけで読書できる)

 オーディオブック最大のメリットは言うまでもありませんが、「他のことをしながら読書ができる」という点です。1週間のうちに「目が離せない、手がふさがっている、でも頭は空いている」という状況は意外と多いものです。例えば、以下のようなシーンです。

  • 通勤電車の社内でスマホさえ開くことができないほど満員
  • 自動車通勤のため、手が離せない
  • ジムでトレーニングしたり、ランニングしている
  • 家事などのルーチンワーク

メリット2:眠くならない

 「本の内容が頭に入ってこなくて、すぐに眠くなる」なんて経験をしたことありませんか?私も苦手な分野の本を読もうと思うと、すぐにうとうとしてしまいます。仕事の都合でどうしても読まなければいけない場合は、立ったまま読むなんてことも(笑)

 その点、オーディオブックはそもそもスキマ時間に聴くのであれば眠くなることがありません。目で追う読書が苦手という人も、耳で聴く読書ならフィットするかもしれません。

メリット3:電子ブック同様、場所を取らない。

 オーディオブックは電子書籍と同様、スマホアプリで聴きます。そのため、紙の本のように場所を取ることがありません。また、サービスによっては聴き放題サービスもあるので、「場所を取らずに何百、何千の本が場所いらず」というのは大きなメリットです。

『Audible』vs『audiobook.jp』を比較

 日本の書籍を扱うオーディオブックサービスはいくつかありますが、ここでは主要な2つのアプリ・サービスである『Audible』と『audiobook.jp』について、紹介します

Audible は買い切り型だが、返品交換可能!

 Audible は Amazon.co.jp が運営するオーディオブックアプリ・サービスです。日本では2015年からオーディオブックサービスを提供しています。

取り扱いタイトル数
取り扱いタイトル数は40万冊と謳われていますが、これは洋書を含む数字です。和書に限定すると、1.2〜2.0万冊程度と言われている(筆者調べ、2020年8月時点)ようです。

対応機器
スマホアプリあり、タブレットアプリあり、PC再生可能。

料金体系
月額1,500円。毎月コインが1枚付与され、1コインでどの書籍も1冊購入することができます(1,500円以上の書籍も1コインで購入可能)。2冊目からは30%セールで購入することができます。購入した書籍は退会後も聴くことができます。

 ただし、Audible には「返品」という仕組みがあります。これは「思った作品と違った」「ナレーションが気に入らなかった」といった理由で返品できるもので、途中まで聴いても、最後まで聴いても返品できるようです。返品の回数については諸説あり、8回程度が上限という情報が多いのですが、Audibleが公式に発表している情報ではなく、対応は人によって異なるようです。「返品不可になったが、翌日には解除された」という情報もあります。

audiobook.jp は書籍のラインナップが充実!聴き放題プランも!

 audiobook.jp は株式会社オトバンクが運営するオーディオブックアプリ・サービスです。日本におけるオーディオブックサービスの老舗で、2007年から配信サービス『FeBe』を開始、2018年にFeBeから『audiobook.jp』にサービス名称を変更しています。

取り扱いタイトル数
取り扱いタイトル数は3万冊程度と言われています(筆者調べ、2020年8月時点)。ただし、audiobook.jp の「聴き放題プラン」の対象はこのうちの約1万冊程度のようです。

対応機器
スマホアプリあり、タブレットアプリあり、PC再生可能。

料金体系
聴き放題750円。ただし、聴き放題タイトルは約1万冊ほどで、それ以外の書籍は下表のとおり月額会員のポイントで購入可能です。

audiobook.jp 「はじめてガイド」

返品
Audiobook.jp は明確に購入後の返品に対応しないことを公式WEBサイトでも謳っています。

Audible vs audiobook.jp 比較表

スクロールできます
Audibleaudiobook.jp
月額1,500円(1コイン=返品交換可)750円(聴き放題)
取り扱いタイトル数1.2〜2.0万冊(洋書含むと40万冊)3万冊(ただし、聴き放題は1.5万冊)
対応端末iOS, Android, WindowsiOS, Android, Windows
ブックマーク機能あり(メモ機能あり)なし
再生速度0.5倍〜3.5倍で調整可能(10段階)0.5倍〜4.0倍で調整可能(0.1刻み)
初回無料キャンペーン30日間無料(1コイン=1冊無料)聴き放題が30日間無料
Audible と audiobook.jp を比較
Audible をおすすめしたい人
  • たくさんの本の中から選びたい人
  • とにかく無料で1冊聴いてみたい人
audiobook.jp をおすすめしたい人
  • とにかくたくさんのオーディオブックを聴きたい(ながら読書時間を長く確保できる人)
  • audiobook.jp の聴き放題対象に読みたい本がたくさんある人

 紙のベストセラー小説やビジネス書を聴くなら、Audibleかaudiobook.jpかについても比較していますので、参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる