【盗み見防止】クレジットカード『ナンバーレス』を徹底比較!【不正利用予防】

 2019年あたりからキャッシュレス決済が急速に普及しましたが、非接触決済でクレジットカードの利用機会が増えた方もいるのではないでしょうか。そんな中、クレジットカードのカード番号を盗み見られ、不正に利用される事件も発生・報道しています。

 この記事では、クレジットカードにカード番号や有効期限などが載っていない『ナンバーレス』カードについてご紹介します

\  ポイント還元率が最大5% 最短5分で発行可!  /

目次

ナンバーレスカードのメリット

メリット① 盗み見されるリスクを完全に排除できる

 ナンバーレスカード最大のメリットは、その名のとおり「クレジットカードにカード番号や有効期限、セキュリティコードが印字されていない」という点です。

 これまで三井住友カードは、セキュリティ対策としてカード番号などの情報をカードの裏面に印字してきましたが、盗み見を完全に排除することはできませんでした。ナンバーレスカードはカード番号が一切印字されておらず、スマートフォンアプリで自分のカード番号や有効期限、セキュリティコードを確認するため、他人にカード情報を盗み見られることはありません。

Vpassアプリでカード番号が確認でき、紛失時には利用制限もできる

 情報漏えい等で過去に利用したECサイトからカード番号が漏えいするようなことがあれば残念ながら不正利用されるリスクがありますが、前出のレジでの事件や盗み見されたうえでの不正利用を防ぐことができます

メリット② アプリで利用通知を受け、利用制限もかけられる

 三井住友ナンバーレスカードはVpassアプリでカード情報を確認できるだけでなく、利用通知を受け取ることができます。スマホへのカード利用通知で不正利用に気づき、利用制限をかけることができます

 また、そもそも不正にログインされて利用されてはナンバーレスにする意味がありませんね。不正ログインを防ぐためのパスワードの作り方について解説した記事をご紹介しておきます。

メリット③ 高い還元率(最大5.0%)

 三井住友ナンバーレスカードは、これまで同社のカードの利用時に付与されていた「Vポイント」が基本0.5%付与されます。さらに、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社やマクドナルドでVISAのタッチ決済で支払うと、還元率は5%になります。

 例えば、私の場合、毎日コンビニで1,000円以上使うのですが、5%換算だと50円がポイント付与される計算です。コンビニだけで1ヶ月あたり1,500円以上になります。

メリット④ 年会費が永年無料

 三井住友カードが発行するクレジットカードは、基本的に年会費がかかります。一方、三井住友ナンバーレスカードはすべての利用者が『年会費永年無料』です。

\  ポイント還元率が最大5% 最短5分で発行可!  /

ナンバーレスカードを徹底比較

 三井住友ナンバーレスカードと同様のクレジットカードがないか調べてみたところ、実はセゾンカードが国内初『セゾンカードデジタル』というサービスを提供していました。ここでは『三井住友ナンバーレスカード』と『セゾンカードデジタル』を徹底比較してみましょう

 なお、Appleが提供する『Apple Card』もナンバーレスなクレジットカードで、年会費無料、高還元率で魅力的なクレジットカードですが、2021年2月時点で日本でのサービス提供開始時期は発表されていないようです。

三井住友ナンバーレスカードセゾンカードデジタル
年会費 永年無料 永年無料
発行までの時間 最短で5分 最短で5分
ポイント還元率 0.5%(最大5%) 0.5%
ポイント有効期限 ポイント獲得から2年間 永久不滅ポイント
選べる
国際ブランド
VISA・Mastercard VISA・Mastercard・JCB
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
1回払い
2回払い
ボーナス払い
リボ払い
キャッシング 可能 可能
付帯保険 あり(※)× なし
対応する
非接触決済
・iD
・QUICPay
・Apple Pay
・Google Pay
・VISAのタッチ決済
・iD
・QUICPay
・Apple Pay
・Google Pay
スマホアプリで
カード管理
三井住友ナンバーレスカードとセゾンカードデジタルを比較

※ 三井住友ナンバーレスカードで決済した場合、最高2,000万円の海外旅行損害保険が付帯。ショッピング保険は付帯なし。

\  ポイント還元率が最大5% 最短5分で発行可!  /

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる