【2021年版】家事の効率化であなたの時間を増やす家電・サービス4選!

 このエントリーでは、あなたの家事を効率化することであなたの時間を増やしてくれる家電やサービスを紹介します。空いた時間を「楽しむ時間」「リラックス時間」「スキルアップにつながる時間」にできたら嬉しいですよね。

このエントリーでは、次の家事を効率化することであなたの自由な時間を増やします。
・日用品の買い物(いつもの買い物が勝手にやってきてくれる)
・掃除(毎日、掃除機をかけてくれる)
・布団干し(晴れた日なのに、重い布団運ぶのめんどくさい…)
・洗濯(洗って、干して、たたんで…なのに結局広げて着る!)

ちなみに…
この記事は、家事自体を否定するものではありません。私自身も、実は靴磨きが好きで、ストレス解消の時間になっています。あくまで「好きじゃない家事を効率化する」という点に絞って、家電やサービスをご紹介します。

目次

Amazon定期おトク便で日用品の買い物を自動化。あなたは受け取るだけ!

 買い物のための時間ってもったいないですよね。特に日用品は大きいモノが多くて困ります。例えば、次のようなモノです。

・飲料水やお酒
・トイレットペーパーやティッシュペーパー
・赤ちゃんのためのおむつ
・犬や猫のためのペットフードやトイレ材

 Amazonの定期おトク便なら買いに行かなくても定期的に配達してくれます。それだけじゃなく、つぎのようなメリットがあるんです。

 しかも最大10%の割引があります。例えば、炭酸水を購入する場合、購入画面の右上の「通常の注文」を「定期おトク便」を選択して購入するだけです。

created by Rinker
Perrier(ペリエ)
¥2,010 (2021/09/25 17:25:58時点 Amazon調べ-詳細)
定期おトク便を選択すると割引される!

定期便って、使わないうちにどんどん溜まってしまって結局ムダになりそう

 でもAmazon定期おトク便は頻度を1ヶ月〜6ヶ月で選べますし、解約もオンラインで完結するので買いすぎることはありません。

ロボット掃除機で掃除を毎日定刻に自動掃除。あなたは溜まったゴミを取るだけ!

 家事の自動化としてはあまりに定番かもしれませんが、ロボット掃除機を導入すると、あなたの家事が一つ減らすことができます。iRobot はロボット掃除機の定番ですが、非常に高価なのが難点です。

 iRobot のいいところは部屋を効率的に掃除してくれる点ですが、ロボット掃除機の掃除ルートがちょっと非効率でも私たちの仕事が増えるわけではないので構いません。それなら本当に安い値段でロボット掃除機を買うことができます。

 私のおすすめはバッテリーメーカーとしてシェアを広げて、今や多様な家電やガジェットを開発・製造している Anker のロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』です。

 Anker のロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』の魅力はその安価な価格とそれ以上の品質です。Amazonで13,000円程度で購入可能です。さらに、ロボット掃除機は1、2年程度でローラー部分の部品交換が必要なのですが、『Eufy RoboVac 11S』は交換品の値段も非常に安価です。ランニングコストを考えても、iRobot より断然こちらがおすすめです。

布団乾燥機でいつでも布団干し!布団を運ばず、雨の心配もいらない!

 布団を干す作業も面倒ですよね。共働きだと土日くらいしか干せませんし、雨が降りそうな日もダメです。戸建てに住んでいるとベランダまで持っていくのも大変です。

 私は布団は布団乾燥機でこまめに乾燥させることで布団を天日干しすることがなくなりました。これでもう10年以上生活していますが、もちろんダニなんて見たこともありません。(もちろん刺されたこともありません笑)

 布団乾燥機ってホースが外に出ていて不格好なデザインのものが多いんですが、このモデルは外側がフラットで衛生的にも良いと思い購入しました。機能的にも十分でおすすめです。

洗濯後の「干す」か「たたむ」を完全になくす!

 家事の中で一番あなたの時間を食うのは炊事と洗濯です。私は炊事はしないので参考になるようなことはご紹介できませんが、洗濯は効率化しています。

 それはドラム式洗濯機で乾燥までしてしまうことです。洗濯物って洗うのはボタン一つですが、干すのが大変です。ハンガーにかけて、干して、取り込んで、たたんで…。この繰り返しから解放してくれるのがドラム式洗濯機です。大きな買い物なのでおすすめの商品は洗濯機選びを詳しく紹介している記事をご紹介するだけにしますが、とにかく乾燥機を経験すると、みんな「もう戻れない」と言います。高価な買い物ですが、きっと損はしないはずです。

 例えば、2日に1回15分間洗濯物の「ハンガーにかけて」「干して」「取り込む」をやっているとしたら、1年間でなんと45時間も洗濯してることになるんです!!あなたが会社勤めだなら、45時間って1週間分の仕事と同じ時間です。月給20万円だとしたら、5万円分の仕事です。ドラム式洗濯機が高いと言っても縦型洗濯機より10万円ほど高い程度です。2年もしないうちに元が取れるくらいの価値があると私は思います。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥99,980 (2021/09/25 17:25:59時点 Amazon調べ-詳細)

 一方、中には「乾燥機能を使いたくない」という方もいらっしゃるかと思います。私の同居人も実はこのタイプです。理由を聞くと「シワになりやすい」「形崩れさせたくない」らしいです。そのため、私の洗濯物以外は実はハンガーで干しているのですが、この場合も家事の効率化ができます。それは『干して乾いたら、そのままクローゼットに収納することでたたまない』という方法です。

 服って、頑張ってたたんでも着るときには広げますよね。つまりたたむ作業って、「タンスに入れるためだけ」に行う作業なんです。当たり前ですが…。それなら、Tシャツもトレーナーも基本的にハンガーのままクローゼットに収納してしまえばいいんです。

家事効率化チャンスは『引越し』でやって来る!効率化しやすい間取りとは

 さて、ここまで家事を効率化できる家電やサービスをご紹介しました。でも実は、これらの効率化をより良いものにするには1つコツがあるんです。そのヒントは「引越しの時の部屋選び」にあります。

 そのコツというのは『生活スペースは広すぎず、非生活スペースは広めに』という点です!

 では、具体的にご説明します。ご紹介した定期おトク便を利用すると、定期的に届く日用品を置いておくスペースが必要になります。また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて大きい場合が多い。洗濯物をハンガーのまま収納する場合も幅が広めのクローゼットが必要です。これらのスペースは普段の生活スペースではなく、非生活スペースであり、そこを広く確保できる間取りを選ぶべきなのです。

 一方、生活スペースが広すぎると「掃除する部屋が多い」「モノが増えてさらに片付けや掃除の手間が増える」といった悪循環に陥りがちです。生活スペースは広すぎない程度が効率的に過ごすにはちょうど良いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる