テレワークで生活リズム崩壊…仕事にメリハリをつける4つの工夫!

 実は先日テレワーク中に強い眠気で5分だけのつもりが1時間寝てしまい、同僚からのSlackにも電話にも気づかなかったんです。自分をなぐさめるようにTwitterで同じような人がいないか検索してみると、

 出てくる出てくる(笑)同じような悩みあるんですね。一人暮らしで毎日テレワークをして、昼夜が逆転してしまって仕事に集中できないということ、あるのではないでしょうか?

 私自身は成果主義に近いような仕事なので、寝てても起きてても結果がすべてな面があるのですが、このできごとがショックだったので、いくつか工夫することで再発防止に成功しましたので、その内容を共有したいと思います。

この記事をおすすめする人
  • 一人暮らしでリモートワークの人
  • テレワークで昼夜逆転しがちな人
  • 一人で仕事していると緊張感が維持できない人
  • テレワークで慢性的に忙しい人
目次

仕事の前後に散歩・ウォーキングをする

 出勤して仕事するケースと自宅で仕事するケースで大きく異なるの「出勤のために移動して(=歩いて)いるか/いないか」です。テレワークだと毎日起きて、支度をしたら、そのままデスクで仕事です。これでは集中できません。これまでも起きてすぐは頭が働いてないけど、仕事に向かう途中で頭のスイッチが徐々に入るという感覚がありました。

 そこで、本来なら出勤する時間帯に散歩・ウォーキングをしましょう。これ騙されたと思ってやってみてください!非常に心地よいです。時間を効率的に使うために、私はこの時間で近くのコンビニへ行き、昼食を買っています。さらに、戻ってからシャワーを浴びると、スッキリした気分で仕事をスタートできます

 仕事が終わったときも散歩・ウォーキングをおすすめします。リモートワークで仕事の終わりがあいまいになったという方も多いはず。夕食を食べながらダラダラとメールを処理してしまったり…それなら外に出ることで「仕事はここまで!」という区切りを付けると仕事にメリハリが生まれます。

ストップウォッチで仕事に小さな締切を設定する

 人間が集中できるのは45分程度と言われています。個人差があるため、さらに短い人もいるでしょう。あらかじめスマホでアラーム設定して、短時間集中して、アラームがなったら休憩、また集中というルーチンは実は職場だとうまくいかないことが多かったんです。なぜなら、集中しているときに話しかけられたり、急な会議に呼ばれたりするからです。そのため、職場で本当に集中したいときは、会議室に一人で籠もって仕事することもありましたが、毎日毎時間会議室に入っているわけにもいきませんでした。

 これがテレワークになると、常に会議室に籠もっているようなぜいたくな状況です。時間を区切って集中してアウトプットするのに適しています。

 また、テレワークだと集中と集中の間のリフレッシュも幅が広がります。5分間だけ音楽を聴いたり、カラダを動かしたり、お香を焚くのも良いでしょう。テレワークならではのリラックス方法を見つけましょう。

集中したいときこそ、『立って』仕事する

 アラームを設定しても集中できないという方は、ぜひ立って仕事をしてみてください。以外な副産物があります。

  1. 立ちっぱなしで仕事すると結構辛いので、その結果、仕事のムダがなくなる
  2. 立って仕事すると姿勢が良くなり、腰痛が起きにくい

 少し古い記事ですが、長時間座ったままでいることが寿命を縮めるという情報までありました。これは極端な話ですが、座りっぱなしでいるのはカラダには良くないようです。

 また、立って仕事をすることで集中力が高まるという情報もあります。

立っていることが私たちの脳の情報処理能力を引き上げるのにちょうど適切なレベルのストレスになっている

Forbs Japan『「立っている方が集中できる」は本当だった? 脳の処理速度に影響』(https://forbesjapan.com/articles/detail/18135

 私が選んだのは昇降式のデスクテーブルです。デスク全体が昇降するものは3万円以上しますので、それよりも安価な昇降式の「デスクに置くテーブル」がおすすめです。

座って仕事にも、立って仕事にも、ソファで仕事にも対応するすぐれもの

昼休みにガッツリとリフレッシュする

 テレワークだからこそ昼休みの時間はおもいっきりリフレッシュしましょう。短い仮眠は集中力に良い効果があるという情報は世の中にたくさんありますが、職場だとなかなか仮眠ができないという人も多いようです。特に女性の場合は、周囲の目が気になりますよね。自宅なら気にせず、しっかりと仮眠をとることができます。

 また、私は昼休みにシャワーを浴びてリフレッシュしています。これも職場では決してできないリフレッシュ方法です。時間がないときは、5〜10分だけ足浴する場合もあります。これも学術的にリラックス効果があると言われている方法で、自宅ならではの方法と言えます。

足浴のリラクセーション効果に関する検討

最後に

 いかがだったでしょうか?2020年はテレワークが世間に大きく広がり、普及した年と言えます。テレワークで生活リズムを崩さず、効率的にこの働き方を活用できるよう、メリハリのある働き方についてご紹介しました。ひとつでも活かせる工夫があれば実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる